ATM-2001/ATM-2001S

モノラル・パワーアンプ/ステレオ・パワーアンプ

am-ATM-2001,2001S-2-80.jpg

Features


  • ハイパワービーム管6550の12本パラ接続
  • KT88と並んでハイビーム管として名高い6550を12本使用し、UL接続にて動作します。
  • カソードフォロアー直結ドライブ回路の採用
  • 出力管12本は、それぞれ個別に設けたカソードフォロアーで最適動作点にてドライブされます。各真空管の微妙なバラツキも、前面のバイアスメーターと上部の調整ボリュームにて各真空管ごとに簡単に調整可能となっています。
  • 電源部セパレートによる大容量化の実現
  • 電源回路部と増幅部を分離することにより、大きさの制限枠にとらわれることなく、理想の電源部を作り上げることができました。
  • プリント基板の排除
  • ハイパワーの大型アンプにもかからわず、すべてをワイヤーによる手配線で行っています。特に増幅部は,鋼板の上に銅メッキを施した上にパーツを配置させ、熱伝導率を良くし振動を防ぎ、磁性体を遮断する効果をねらっています。

Specs

出力
338W(モノラル), 180W(ステレオ)
使用真空管
6550 x 12, 12BH7 x 6, 12AX7 x 2, 12AU7 x 2
入力インピーダンス
100kΩ
消費電力
1.2kW
負荷インピーダンス
寸法
電源部 430 x 500 x 185mm(WxDxH)
アンプ 430 x 520 x 380mm(WxDxH)
重量
115kg

ページの先頭へ