ATE-2001

フォノ・コントロールアンプ

Features


  • プリント基板の排除
  • 信号系ではプリント基板を一切使用しない手配線工法です。現在考え得るベストな配線材を回路に応じて一本づつ選別して配線しています。何も加えず、情報量を損なうことなく微小信号を忠実に増幅します。
  • 高剛性のセパレートシャーシー構造
  • シャーシーには重量級のメインアンプに採用されている1.6ミリ厚の鉄板を採用し、内外部の振動を遮断しています。増幅箇所により、銅メッキを施し、非磁気化として磁気歪を防止しています。
  • 高音質・高精度ボリュームの採用
  • 低ノイズ化の電源部
  • 微小信号を扱うイコライザーアンプは、低ノイズ化が必要です。高圧電源回路は、シリコンダイオードより動作スピードが速く、しかもパルスノイズを発生しない整流管を採用。半導体によるフィルターを通した後に真空管によるレギュレータ回路を通し、さらに大容量のコンデンサーバンクを通って各増幅段に供給される徹底した低ノイズ設計です。
  • イコライザー回路
  • 2段NF方式、出力段は低インピーダンスで高出力のSRPP回路を採用。 NF回路を広帯域にわたり安定して駆動し、低歪化を図っています。
  • 昇圧トランス搭載

Specs

使用真空管
12AX7(ECC83)x 3, 12BH7 x 1, 6X4 x 1, 6267(EF86) x 1, ECC88 x 2
出力電圧
定格2V 最大20V
出力インピーダンス
2kΩ
全高調波歪率
0.08%以下(2V,1kHz)
周波数特性
5ー100,000Hz(±1dB以内)
入力感度
1.2mV(phono)
SN比(IHF-A補正)
78dB以上(phono), 97dB以上(line)
寸法
電源部 400 x 340 x 120mm(WxDxH)
アンプ 400 x 340 x 150mm(WxDxH)
重量
17.5kg



ページの先頭へ